CAN-Cはどの位の効果的?

色々な状況で左右する可能性もあるので…

CAN-Cを使う事を考えても、実際にどの位の効果があるのかわからない部分も多いと思います。それも踏まえて、個人輸入は全てにおいて自己責任となるので、不明点が多いと思うなら、CAN-Cは使うべきではありません。

中には、犬ではなく、人(本人)がCAN-Cを2ヶ月程度使用して、全く変化を感じなかったという事をブログなどで書かれているのを見かけることがありますが、白内障は、色々な状況によって進行度合いもCAN-Cによる改善の期待も変わってくると思えます。

白内障の改善目的でCAN-Cを使用している最中、毎日、たばこを20本(一箱)吸うような生活をしている人には、効き目が無いようにも思います。
たばこも白内障の原因の一つとして大きなものだからです。

ビタミンC不足なども体内の保護力を下げて白内障などのリスクを高めると言われますが、喫煙は、まさにビタミンCの消費を早めます。そうして、消費しきった状態で喫煙を繰り返していては、良くなるものも良くなりません。

このように、本人の生活習慣の改善も含めて取り組まなければ、意味が無いのは言うまでもありません。そうした部分は見て見ぬふりをして実際に使ってみて効果が無かったかどうか判断するのは、どうなのでしょうか。

犬の場合は、喫煙する事もありませんし、食べ物も飼い主さんが管理して徹底する事が出来るのでそうした心配は無くなりますが、CAN-Cを併用しつつ、犬用のサプリメントや他の対策アイテムなども用いて万全を期したいものです。