犬に起こる白内障の種類

ヒト同様加齢によるものが多い

犬が発症する白内障の中でも多いのは、加齢性白内障との事です。
加齢性白内障は、ヒトと同様に水晶体が変性することで分子サイズが大きくなり透明度を失ってしまうために起こるものです。

では、なぜこのような現象が起こるのでしょうか?
加齢性白内障は、老化によって目を保護する働きが弱り、紫外線や活性酸素などの有害物質の影響を受けやすくなってしまう為です。

他にも眼が直接傷つくなどの外傷によるもの、糖尿病などの代謝性疾患によるものなどでも後天的に白内障を発症する事があります。

これらを踏まえると、犬の白内障は、年齢が高くなるにつれて発症するケースが多いこと、年齢が高い場合は、犬の体力的にも手術が難しい場合も考えなくてはならない事が言えます。

もしも、犬の加齢性白内障が初期の段階であれば、進行を遅らせる薬と犬用のサプリメントなどを用いるという方法も有りますが、あくまでも暫定措置でしかありません。
そこから、状態を元に戻す事は今のところできないようです。

このように進行を遅らせるだけの薬を使用するなら、改善できる可能性を持っている犬の白内障目薬CAN-Cを使用してみるのも一つの方法です。
特に進行初期であれば、改善の可能性も高いと言われています。

さすがに、かなり進行して真っ白な状態の白内障ともなると、いくら効果のある目薬と言っても限界があると思いますが、手術以外の選択肢を考えている場合に進行を遅らせるだけの薬にするか、白内障の目薬として作られているCAN-Cにすべきか。

どちらが改善の可能性があるのか、考えてみてはいかがでしょうか。