犬の加齢性白内障とは

長生きしやすい小型犬ほど発症が多い

犬に起こる白内障として、先天性、若年性、そして、加齢性とありますが、加齢性白内障は高齢になるほど、比較的起こりやすいのがそうです。

また、大型犬より小型犬の方が長生きする事から、小型犬の方が加齢性白内障の割合が多くなるとの事です。

加齢性白内障の特徴は、年齢による新陳代謝の衰えです。
正常ならば、水晶体液が代謝(入れ替わる)のに、それがうまく機能しなくなると、白内障を引き起こします。

白内障は、組織が分子構造が大きくなる事で透明度を失い可視化してしまった状態と考えると、入れ替わりが出来ないサイズになってしまっていると考える事が出来ます。

発症する原因は、加齢によるものもありますが、ストレスや酷使など、色々な原因が考えられるそうです。ですが、人間の白内障の原因を踏まえると、紫外線などによる影響は十分に考えられます。

発症が始まる年齢は、早ければ5歳くらいからという事ですが、個体差があるのでそれより早く発症するケースもゼロではないようです。

加齢性白内障は、若年性白内障と比べて、進行スピードが遅い反面、場合によっては、糖尿病が原因となっている事もあるので注意しなくてはなりません。