犬の白内障の目薬ならCAN-C

白内障の手術を避けたいなら目薬のCAN-C

  • 犬の動きがぎこちないと思ったら白内障だった
  • 動物病院で進行を遅らせる薬しか貰えてない
  • 年齢的にも白内障手術が厳しいと言われた
  • そもそも近くに動物病院が無い…
  • できれば、手術は最後の手段にしておきたい

このような場合、もしも、犬の白内障を目薬だけで改善できるとしたら・・・。
試してみる価値はあるでしょうか?

海外製の白内障目薬CAN-Cは、犬などペットの白内障にも用いる事ができる点眼薬として注目されています。手術に望みをかけるしかなかったり、年齢的にも体力が落ちて手術が難しい状態にある犬にも用いる事が可能です。

犬の白内障用のCAN-C(正規品)詳細はこちら

犬の白内障手術に若年性と老年性で判断が分かれる

犬の白内障には、6歳頃までに症状が現れる若年性白内障、8歳くらいから増え始める老年性白内障に分けられます。

▼若年性白内障
年齢的に若い内から発症する事から遺伝の可能性が高いと考えられているのですが、種類として、トイプードル、シベリアンハスキー、ゴールデンレトリバーなどに多いようです。どの犬も日本で非常に人気となったペットばかりです。

犬種によって遺伝的に白内障を患いやすい事を常染色体性劣性遺伝と呼びます。

▼老年性白内障
7~8歳頃から発症し始め、治療や手術など何も措置しなければ、進行していく事が多いものの、年齢的にも手術が難しい、もしくは、余命を考慮して獣医さんが手術をお勧めしない事も少なくないようです。

犬の若年性白内障は、遺伝的に白内障を発症しやすい。
老年性は、手術が体力的な問題や寿命などの関係で断られる事もあり、どちらにしてもどのような治療を行えば良いのか、判断が難しい部分でもあります。

他にも、ぶどう膜炎によるもの、糖尿病や低カルシウム血症などの基礎疾患で白内障を発症するケースもあるので、どの原因に当てはまるのか、まずは、その確認から始めなくてはなりません。

犬の白内障手術に費用

もしも手術へと踏み切る場合、実際にかかる費用は、どの位になるのでしょうか?

「愛犬の為ならいくらでも!」と思っていたとしても、やはり、手術に一極集中して費用を使ってしまう事で、日頃のケアなど他に出来る事が限られてしまうかもしれません。

実際に犬の白内障の治療代金は、片目あたり25万円~30万円程にもなるようです。
シンプルに計算して両目となるとその2倍の費用。
少なく見積もっても50万円の出費を覚悟しなくてはなりません。

一方で白内障を目薬として点眼治療を行う事のできるCAN-Cは、1箱(2本入)で6、800円ほど。
また、片目に使用した場合は、1ヶ月程度もち、両目の場合は、その2分の一程度なので、使い方によって以下の費用となります。

  片目に使用 両目に使用
1ヶ月目 1箱 2箱
2ヶ月目 2箱 4箱
3ヶ月目 3箱 6箱
4ヶ月目 4箱 8箱
5ヶ月目 5箱 10箱
半年 6箱 12箱
1年 12箱 24箱

この箱数に1箱の料金をかければ費用となりますが、もしも、両目に1年という最大で使用した場合の総費用は、163,200円となります。正直、1年フルで継続して使用したとなると少ない出費とはなりません。

しかし、ヒトの白内障もそうですが、手術が根本治療になるかというとそうでもなく、術後に再発する事もあります。また、犬は人間と違い、自分が白内障の手術をした意味もその後のケアの認識も出来ません。

ヒトの場合、白内障手術をすると今までより光りがまぶしく感じたり、青みがかって見えたりと、人工レンズ特有の症状が現れる事も少なくないようです。

早い段階で異常に気づいたならCAN-Cを試す猶予

白内障の再発リスク、その後のケアなどを踏まえると、白内障が確認されたからすぐに手術とは、なかなか踏み切れないと思います。

そんな時こそ、犬の白内障目薬として利用可能なCAN-Cによって、進行を遅らせたり、または、その間に改善する可能性も十分に考えられます。このように、CAN-Cの活用は、手術するべきかどうか考える時間の確保にもなります。

運良く早い段階で愛犬が白内障だと気づいた場合、獣医さんに診てもらっても、「この程度なら手術の必要はありません」と経過観察の判断をされたなら、それこそ、CAN-Cを用いて白内障治療をしてみるのに最適と言えます。

当たり前の事ですが、白内障が軽度であれば軽度である程、CAN-Cによる治療期間も少なく済ませる事ができます。

進行が少なければ、1年の予定が半年、更にそれ以下で済ませられる事となり、結果的に手術と費用面で比較しても大分負担を抑えられる事も考えられます。
その為にも、いち早く気づいてあげる事が何より大切。

犬に高栄養が良いとは限らない

犬の白内障など、何らかの疾患が出ると人間の感覚としては、栄養不足だったのではないのか、もしくは、運動不足かもしれないなど、色々と考えを巡らせるものです。そんな中で改善と言えば、沢山食べさせて栄養を補う事と誤解しがち。

しかし、これは、あくまでも人間の感覚です。

犬が人間と同じように丈夫で回復力も高い胃腸を持っていればの話であり、ヒトの食べる高栄養なものの大半が犬には、食べされてはダメなものが多い事は、飼い主さんなら周知の情報ではないでしょうか。

また、動物は、怪我をしたらじっとして静養に徹します。
この間、あまりものを食べないと言われます。

動物は、そうやって食べずにじっとしている事が怪我の回復に一番の近道と知っているからだそうです。

その反対にある食べるという行為は、消化器官の活動にエネルギーを費やし怪我を治す代謝の割合を低くしてしまうと言われています。

つまり、白内障になったからそれを自己治癒で治すために沢山の栄養を補っても、返って犬の老化を早め、白内障が進行しやすい状態ともなりかねないのです。

その点、目薬なら直接目に成分が行き渡るので、低下した胃腸機能にも左右されません。

CAN-Cは犬とヒトで併用して大丈夫?

併用は禁忌となっているようです。
CAN-Cは、犬の白内障目薬として用いる事ができますが、もちろん、同じ製品を私たちヒトも使用する事ができます。

だからと言って、飼い主と生活を共にする愛犬に同じCAN-Cを使って良いという事にはなりません。衛生面を考慮して、それぞれ個別に用意する必要があります。 また、家族で使用する場合も同様です。

万が一、細菌が混入してしまったとして、使い回すことによって全員に感染するリスクは避けなくてはなりませんのでくれぐれも気をつけた方が良さそうです。

個人輸入で正規品を購入する場合の注意点

犬の白内障目薬CAN-Cは、日本で市販されている目薬ではありません。
海外からの取り寄せという形になりますが、正確には、個人輸入扱いです。

まだ日本では認可されていないものの効果が期待される製品などは、海外から輸入代行サイトを経由して取り寄せるケースも増加していますが、だからこそ正規品である証明が十分になされているものを選ばなくては、偽造品のリスクが残ります。

CAN-Cの場合は、正規品を証明するポイントがあります。

  • 正規製造品証明のホログラムシール
  • 正規代理店契約を明記している輸入代行サイト
  • 個別の製造ナンバーの印字

これらがすべて揃った正規代理店はこちら

まずは、すぐに購入するのではなく、内容を確認しCAN-Cの有効性や必要性を感じたなら試してみるのが良いと思います。また、実際に購入する場合も少量から試してみると、使い心地なども把握できるのではないでしょうか。